• ホーム
  • 展覧会情報
  • 最新の展覧会

最新の展覧会

水墨の風 ―長谷川等伯と雪舟

開催期間 2017年6月10日(土)〜 7月17日(月・祝)
月曜休館 ※ただし、7月17日は開館

展示概要

墨の濃淡によって生み出されるグラデーションが、画面に無限の奥行きと広がりをもたらす水墨画。中国を発祥とするこの斬新な絵画表現は日本にも伝播し、室町時代を経て独自の表現美を獲得することとなりました。本展では、この東洋独自の絵画表現である水墨画の魅力を、「風」をキーワードに迫ってゆきます。
「風」は、「かぜ」と読めるのと同時に、「画風」「遺風」といった言葉からもわかるとおり、「流儀」や「様式」といった意味も含んでいます。日本における水墨の「風」を考える上で欠くことのできないのが、雪舟と長谷川等伯というふたりの画家です。雪舟は、当時の日本で重んじられた画法を学びながらもそれに飽き足らず、中国に渡って日本とは全く異なる本場の絵画動向に触れ、強い表現性を持つ水墨画を生み出すに至りました。そして等伯は、雪舟以後に大きな飛躍をとげた水墨画をさらに変革し、日本人の心性にかなった、情緒あふれる絵画表現にまで高めたのです。
今回は、雪舟の「破墨山水図」、そして長谷川等伯の描いた「松に鴉・柳に白鷺図屏風」という、出光美術館を代表するふたつの作品を中心に、選りすぐりの中国・日本絵画の名品と、今回特別に出品される作品をまじえ、伝統を基盤としながらも新たなる風を興したふたりの創作意欲の源に迫りつつ、さらに日本における水墨画がいかなる遺風にならい、いかなる新風を興したのかを、深く読み解いてゆきます。

本展のみどころ

01水墨画の「風」を
名品の数々で紹介!

本展では、水墨画の魅力を「風」をキーワードに迫っていきます。当館が所蔵する雪舟・長谷川等伯や中国絵画の名品、今回特別に出品される作品をまじえ、深く読み解いてゆきます。

02「雪舟」誕生を解き明かす!

日本の水墨画家として知らない人はない室町時代の画僧・雪舟。本展では雪舟がいかに生まれ、後世にいかなる影響を生み出したのかを見てゆきます。

03等伯の革新!
その創造の源を追う!

雪舟五代を名乗り、独自の絵画表現を突き詰めた桃山時代の画師・長谷川等伯。本展では、伝統を重んじつつさらなる飛躍を見せた等伯の画業に迫ります。

04室町水墨から大雅・玉堂まで! 水墨画の競演!

室町時代に発展した水墨画は、江戸時代に入ると狩野派や池大雅・浦上玉堂など、新しく豊かな表現が花開きます。時代の変遷とともに多様化する水墨画の表情を、お楽しみください。

展覧会の構成

第1章
雪舟を創りあげたもの ─「破墨山水図」への道
第2章
等伯誕生 ─水墨表現の展開
第3章
室町水墨の広がり
第4章
近世水墨 ─狩野派、そして文人画へ

各章の解説

第1章 雪舟を創りあげたもの  ─「破墨山水図」への道

室町時代を代表する水墨画家・雪舟。ここではその作品を、彼が規範とした中国絵画とともに見てゆきます。墨をまき散らすかのようにして山水を描き出す「破墨山水図」。その源流には、南宋〜元時代に杭州で活躍した画僧・玉澗の作品があります。そして雪舟入明時に中国で流行していた力強い水墨表現は、雪舟の以後の画業に大きな影響をもたらしました。これらの作品を通して、雪舟のオリジナリティーの源泉とその展開をご覧いただきます。

破墨山水図 画・雪舟 賛・景徐周麟
室町時代 出光美術館

第2章 等伯誕生 ─水墨表現の展開

桃山時代は日本独自の水墨表現が飛躍的に発展した時代です。その中でも特に重要な画家のひとりに、雪舟五代を名乗った長谷川等伯がいます。等伯の作品に見られる湿潤な空気感と微妙な光の演出は、南宋時代に活躍した牧谿の絵画表現に大きな影響を受けています。その一方で等伯は、より身近な事物を描く対象とするなど、中国の伝統に則りながらも日本独自の感性に寄り添った作品を描いていきました。ここでは、等伯がなしえた革新がいかなるものだったのかを見てゆきます。

松に鴉・柳に白鷺図屏風 長谷川等伯
桃山時代 出光美術館

第3章 室町水墨の広がり

雪舟から等伯へと受け継がれた水墨。しかし、その革新がこのふたりのみによって作り出されたものではありません。日本で水墨画が本格的に描かれ始めた室町時代には、ヴァリエーションに富んだ表現を見て取ることができます。ここでは、禅宗寺院において描かれた詩画軸をはじめ、花鳥、山水、そして仏画に至るまで、室町時代に幕を開けた水墨の多様な美の様相をご覧いただきます。

四季花鳥図屏風(右隻)  能阿弥
応仁3年(1469) 重要文化財 出光美術館

第4章 近世水墨 ─狩野派、そして文人画へ

近世に入ると、水墨表現はさらに多様な展開を見せてゆきます。狩野派は、雪舟スタイルを基盤とすることで、画壇の中心としての位置を確固たるものとしました。また江戸時代中期になると、“かすれ”というまったく新しい水墨表現を駆使する文人画が、中国から新たに紹介されます。ここでは、初期狩野派、そして江戸狩野の作品をはじめ、池大雅・浦上玉堂らによる個性的な文人画をとり混ぜてご紹介します。

酔舞・猿曳図屏風 (左隻) 狩野尚信
江戸時代 出光美術館
メニュー