• ホーム
  • 展覧会情報
  • 最新の展覧会

最新の展覧会

祈りのかたち ─仏教美術入門

開催期間 2017年7月25日(火)〜 9月3日(日)
月曜休館

展示概要

今をさかのぼること約2500年、人生の苦悩について悩んだ末に到達した釈迦の答えをもとに誕生した仏教。その教えはシルクロードを通して東アジアへ、そして6世紀の日本へと伝えられました。その後も続々と最先端の仏教教学・宗派が大陸から伝えられ、さらにその内容を我が国の実情に合うように変化して、密教や浄土信仰、禅といった諸宗派が成立し、現在も篤い信仰を集めています。
救いを求める人々の願いと、ほとけに対する祈りの気持ちは美しい仏画や麗しい仏像、端正な経典や荘厳な仏具となり、今日まで守り伝えられてきました。
本展では、広大な密教世界を図示した曼荼羅、死後に迎え入れられる憧れの極楽浄土やその反対に恐ろしき責め苦の世界を描いた地獄図、厳しい修行を通して悟りを求めた禅宗の祖師図や近世の禅画など、仏画を中心とする出光コレクションの中から代表的な仏教美術作品を厳選し、各時代・各作品にこめられたほとけへの信仰の心と荘厳の諸相をご堪能いただきたいと思います。

本展のみどころ

01ガンダーラ仏から仙厓まで
仏教美術の歴史を一望

本展では、ガンダーラ(パキスタン)の石仏や伝ハッダ(アフガニスタン)出土の塑像仏頭から、江戸時代の仙厓による禅画まで、仏教美術2000年の流れをダイナミックにご紹介します。

02部分拡大パネルを駆使し
作品をわかりやすく解説

仏教誕生からの変遷、そして、我が国への仏教伝来以降の仏教美術の展開をテーマごとに解説。作品のより深い理解のために、部分拡大図や詳細解説を用いて説明しています。

03信仰の場に即した
作品の状況を再現!

今回の展示では、重要作品による、本来の堂内での配置状況、あるいは、本尊像との配置関係の興味深い再現を会場内で試みてみたいと思います。

04仏教美術の流れを反映した
工芸作品にも注目!

仏教美術の展示というと、仏像や仏画が中心となりますが、本展は工芸作品にも見逃すことのできない優品がそろっています。多彩な工芸作品もご注目ください。

展覧会の構成

第1章
仏像・経典・仏具 ─かたちと技法
第2章
神秘なる修法の世界 ─密教の美術
第3章
多様なる祈り ─弥勒・普賢信仰の美術
第4章
極楽往生の希求  ─浄土教の美術
第5章
峻厳なる悟りへの道  ─禅宗の美術

各章の解説

第1章 仏像・経典・仏具  ─かたちと技法

今から2500年ほど前、現在のネパール・インド国境地帯にあった小国の王子釈迦(ガウタマ・シッダールタ)は、この世に存在する様々な苦しみについて思い悩み、ついに出家をして悟りを開き、仏陀(目覚めた者)となった後はインド各地を巡って教えを広めました。この釈迦が出した答え、そして釈迦を手本とする生き方は仏法、あるいは仏教と呼ばれ、アジア各地に広まっていきました。仏教はその後、部派に分裂しますが、広く大衆の救済をめざした大乗仏教がシルクロードを経由して東アジアに伝わりました。このコーナーでは、仏教の根本となる三つの宝(仏・法・僧)のかたち、仏像・仏画、経典や仏具など、素材や技術を駆使した仏教美術の様相を見てみましょう。

絵因果経(部分)
日本 奈良時代 重要文化財 出光美術館

第2章 神秘なる修法の世界 ─密教の美術

ヒンドゥー教の台頭により、一時的にインドで劣勢となった仏教は、ヒンドゥー教の要素を取り込むことによって大きく変貌を遂げ、再び隆盛期を迎えます。こうして、真言と呼ばれる呪文を重視したり、多面・多臂(たひ)・多足で忿怒相(ふんぬそう)という特異な姿をしたほとけ(明王)を登場させたりと、以前の仏教(顕教)とは違う要素が多い密教が成立することとなりました。無数のほとけたちによって構成される広大な世界観と神秘的な修法に彩られた密教は、インドから中国に伝わって唐時代に盛行し、空海(くうかい 774 - 835)、最澄(さいちょう 767 - 822)らの入唐求法僧によって日本に伝えられ、平安時代前期の黄金時代が現出しました。このコーナーでは、「真言八祖行状図(しんごんはっそぎょうじょうず)」を中心に、曼荼羅、明王図、密教法具などで深遠なる密教世界をご紹介します。

※なお、今回は伝来した奈良・永久寺真言堂の配置を復元し、「真言八祖行状図」の従来の展示順を入れ替えて公開します。

愛染明王図
日本 鎌倉時代 出光美術館

第3章 多様なる祈り ─弥勒・普賢信仰の美術

平安から鎌倉時代にかけて、様々なほとけに対する独特の信仰がわき起こりました。中でも特に篤い信仰を集めたのが、弥勒菩薩(みろくぼさつ)と普賢菩薩(ふげんぼさつ)です。約56億7千万年後に未来仏としてこの世に下生(げしょう)する弥勒菩薩が待機する兜率天(とそつてん)へ往生し、弥勒下生にお供して功徳にあずかろう、また、その日までほとけの教えを護るために写経して地中に埋納しようと、経塚(きょうづか)造営が盛んに行われました。一方、仏教が基本的には女性の往生を説いていない中で、縁なき女性信者をも護り導く普賢菩薩に対する信仰が広まり、貴族女性の間で多くの普賢図が制作されました。このコーナーでは、経筒や瓦経、「普賢菩薩騎象図」などの作品を通して、二つの信仰のあり方を、さらに神仏習合の状況を示す作品を見てゆきます。

普賢菩薩騎象図
日本 鎌倉時代 出光美術館

第4章 極楽往生の希求 ─浄土教の美術

平安時代中期、天台僧 源信(げんしん 942 - 1017)による『往生要集』の成立や永承7年(1052)を境に仏教の衰退によって悟りなど望むべくもない暗澹たる末法の世が始まるという仏教史観、それを反映したように相次ぐ戦乱や天変地異による世情不安な世を背景に、この世を厭い、阿弥陀如来の極楽浄土への往生を願う浄土信仰が高まっていきました。阿弥陀の慈悲と救いを一心に願った称名念仏(しょうみょうねんぶつ)が法然(ほうねん 1133 - 1212)によって広められ、親鸞(しんらん 1173 - 1262)によって新たな展開を見せる中、極楽浄土に対する信仰は貴賤を問わず瞬く間に広がっていきました。このコーナーでは、「十王地獄図」「六道十王図」「当麻曼荼羅図(たいままんだらず)」などの仏画により、浄土信仰の中で生み出された人々の心に思い描かれた生まれ変わりの世界の様相とその変遷をつぶさに見てみたいと思います。

※なお、今回は「十王地獄図」に当館蔵の地蔵菩薩像を組み合わせ、本作礼拝時のあり方の一例を復元し、新たな画像解釈を試みます。

当麻曼荼羅図
日本 鎌倉時代末期〜南北朝時代 出光美術館
六道・十王図 六幅対の内 
阿弥陀・修羅道図

日本 室町時代 出光美術館
六道・十王図 六幅対の内 
閻魔王図

日本 室町時代 出光美術館
六道・十王図 六幅対の内 
閻魔王図

日本 室町時代 出光美術館
六道・十王図 六幅対の内 
阿弥陀・修羅道図

日本 室町時代 出光美術館
当麻曼荼羅図
日本 鎌倉時代末期〜南北朝時代 出光美術館

第5章 峻厳なる悟りへの道 ─禅宗の美術

新仏教が流行した鎌倉時代に、教外別伝(きょうげべつでん)・不立文字(ふりゅうもんじ)や以心伝心を説き、釈迦のような坐禅修行によって真理を体得することを目指した禅宗が伝わりました。臨済宗と曹洞宗です。そのうち、臨済宗は室町時代に京都や鎌倉五山などを擁して隆盛を極める一方、庶民救済の使命を忘れて文芸サロン化したため、その愚を痛烈に批判した一休(1394 - 1481)によって清新な禅風が称えられました。続く江戸時代には、地方寺院を拠点に活躍した臨済僧の活躍にめざましいものが見られます。日本最初の禅寺として栄西禅師によって開山された九州・博多の聖福寺住持の仙厓(せんがい 1750 - 1837)は、得意の禅画によって庶民層にまで禅の教えを広めました。このコーナーでは、一休ゆかりの床菜菴(しょうさいあん)コレクションや禅画・墨蹟などで禅の美をたどります。仙厓名品選もお楽しみください。

達磨図 拙宗等揚筆
日本 室町時代 出光美術館
指月布袋画賛 仙厓筆
日本 江戸時代 出光美術館
メニュー