• ホーム
  • 展覧会情報
  • 最新の展覧会

最新の展覧会

六古窯 ―〈和〉のやきもの

開催期間 2019年4月6日(土)~6月9日(日)
月曜休館(ただし、4月29日、5月6日は開館)

展示概要

素朴ながらも豪快で力強さを備える中世のやきもの。その表面は素材の土の色、窯の中で焼成(しょうせい)されるときに炎の熱を受けて生じた緋色、人智の域をこえて流れる釉薬(ゆうやく)の表情が特徴的です。まるで生命がやどっているかのような個性が魅力となっています。
なかでも平安時代後期から鎌倉・室町時代といった中世に生み出され、現代に至るまでやきもの作りが続いている瀬戸(せと)、常滑(とこなめ)、越前(えちぜん)、信楽(しがらき)、丹波(たんば)、備前(びぜん)は六古窯と称され、日本的なやきものとして親しまれてきました。2017年には文化庁の「日本遺産」にも選定されています。これらの中世のやきものは、伝統的な技術に加え、中国や朝鮮半島など唐物をはじめとする舶来の文物に影響を受けながらも、各地で独自のスタイルを生みだしました。
作られたやきものは、壺・甕(かめ)・擂鉢(すりばち)など当時の人々の生活の必需品であり、中世の人々の生活にとっては三種の神器ともいえるものです。その伝統は桃山・江戸時代へ継承されていきます。一方で、日常のうつわであったものが、桃山時代には茶の湯のうつわとしても注目されました。さらに近現代においては実際に使用するわけではなく、鑑賞する陶器としても愛でられるようになります。このように六古窯に代表される中世のやきものは、各時代の人々の社会や日常生活の中に溶け込みながら、日本における伝統文化・価値観の中で美や魅力をみいだされてきたのです。
本展では、中世のやきものに影響を与えた青銅器、中国陶磁、茶道具などもあわせて展観し、中世のやきものの世界へ誘います。

六古窯 ―〈和〉のやきもの

本展のみどころ

01日本遺産にも選ばれた六古窯
─〈和〉のやきものを一堂に!

地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを有する「日本遺産(Japan Heritage)」にも選ばれた六古窯。重要文化財3件、重要美術品4件含む約100件で〈和〉を代表するやきものの魅力をご紹介します!

02やきもの鑑賞の醍醐味
─土と炎との格闘を見る

中世のやきものからは、陶工たちによる、うつわ作りに適した素地土の模索や焼成時の炎のコントロールなど、自然に対する人類の挑戦といった姿が垣間見られ、それらが六古窯の魅力ともなっています。

03やきものを通して、中世の人々の〈こころ〉に寄り添う

中世の人々の思想や〈こころ〉の部分にも関わってきた陶磁器や金銀器、あるいはそれらの図様に着目しながら、中世の人々の〈こころ〉や観念性についてもご紹介します。

04六古窯と茶の湯
─その深い繋がりに注目!

桃山時代以降、侘び茶の盛行により、中世のやきものの技術を継承しながら、独自の新しい造形美を生みだした、日本各地での茶陶の作品もご紹介します。

展覧会の構成

第1章
中世陶器の系譜 ―瓷器系・須恵器系・土師器系
第2章
六古窯と中世諸窯
第3章
中世陶器の系譜から発展した茶陶
第4章
中世の人々が好んだ唐物
第5章
後世の眼が見た中世のやきもの
特集展示①
中世のひとびとの〈こころ〉
特集展示②
おおきいやきもの
特集展示③
茶入

各章の解説

第1章 中世陶器の系譜 ―瓷器系・須恵器系・土師器系

平安時代末期(12世紀末)から室町時代(15世紀)の中世のやきものは、瓷器(しき)系陶器、須恵器(すえき)系陶器、土師器(はじき)系陶器の大きく3つの系列に分けられます。瓷器系陶器は奈良・平安時代以来、日本で作られていた無釉の白色陶器と高火度焼成の施釉(せゆう)陶器の技術を継承・発展させたものです。中世期に施釉陶器を発達させた瀬戸窯、また壺・甕・擂鉢の三器種を主として焼締め陶器を発展させた常滑窯、信楽窯などがあります。いずれも焼成の最終段階で、酸化炎焼成により表面を赤褐色に焼き上げます。一方で、須恵器系陶器は、古代の須恵器の焼成法を継承し、焼成の最後に燻べ焼き還元焔焼成を行い、炭素分を器壁に吸着させ、表面が青灰色になるのが特徴です。この他、800℃前後の野焼きによる素焼きの土師器系があります。ここでは主に瓷器系・須恵器系をご紹介します。

壺 信楽窯壺 信楽窯
日本 南北朝時代 出光美術館
双耳壺 越前窯双耳壺 越前窯
日本 室町時代 福井県陶芸館

第2章 六古窯と中世諸窯

六古窯(瀬戸窯、常滑窯、越前窯、信楽窯、丹波窯、備前窯)とは、昭和30年代に古陶磁学者・小山冨士夫氏により提唱された、中世から絶えることなく焼造活動が行われてきた窯を称する言葉です。
11世紀頃までには古代律令制が崩れ、平安時代に須恵器や瓷器(緑釉・灰釉陶器)を焼造していた窯が、12世紀初め頃の平安時代末期には壺・甕・擂鉢(片口鉢)の三器種を中心とした生産を活発に行うようになりました。壺・甕類は運搬・保存・貯蔵に適し、また擂鉢は万能調理具として広く普及します。人々の生活に根ざしたやきものの需要は日本各地で高まり、列島各地で陶器生産が行われました。15世紀以降の室町時代後期に戦国時代に入ると、中世の諸窯は六古窯に集約されていきます。本章では、六古窯やその他に中世を代表する窯を中心に、その特徴と造形美を辿ります。

灰釉牡丹文広口壺 瀬戸窯灰釉牡丹文広口壺 瀬戸窯
日本 鎌倉時代後期 重要文化財
東京国立博物館 Image: TNM Image Archives
壺 備前窯壺 備前窯
日本 室町時代後期
兵庫陶芸美術館(田中寛コレクション)

第3章 中世陶器の系譜から発展した茶陶

平安時代末期から鎌倉時代初め頃にかけて、中国商人や禅宗とともに、抹茶の飲茶法・喫茶の風習が伝来します。当初は建盞(けんさん)をはじめとする高級品である中国製の陶磁器が喫茶の道具として用いられました。室町時代後期頃から桃山時代にかけて、「侘び茶」が隆盛する中で、国産の焼締め陶器で掛け花生が作られたり、日常使用していた道具類を茶の湯のうつわとして見立てるようになります。さらに天正年間(1573 - 92)には、尾張瀬戸窯で行われてきた施釉陶器の生産が、美濃窯で行われるようになります。従来の焼締め陶器の系譜の中では信楽窯や伊賀窯、備前窯などで茶の湯のうつわが盛んに作られ、人気を博しました。

筒茶碗 信楽窯筒茶碗 信楽窯
日本 桃山時代 出光美術館

第4章 中世の人々が好んだ唐物

日本において中世に陶器生産が発達した背景の一つとして、中国から舶来した陶磁器をはじめとする唐物の影響が大きかったことがあげられます。平安時代後期以降、中国南方産の白磁や青磁、黒釉陶器が大量に日本中に流通します。高級品であった中国陶磁の写しが、施釉陶器を焼造した瀬戸窯を中心に行われました。また鎌倉時代における茶陶、室町時代には足利将軍家をはじめ富裕層の中で、座敷を唐物で飾ること(座敷飾り)が流行します。この唐物荘厳の流行が、その考えと相対する「佗び茶」や中世陶器を茶陶に見立て使用することの始まりを促したのです。ここでは中世の人々の間で流行した唐物をご紹介します。

青磁袴腰香炉 龍泉窯青磁袴腰香炉 龍泉窯
中国 南宋時代~元時代 出光美術館

第5章 後世の眼が見た中世のやきもの

六古窯をはじめとする中世のやきものは、日常生活で用いたうつわです。室町時代後期から茶陶として徐々に使用されるようになり、茶の湯の流行とともに六古窯の中でも信楽、伊賀、備前を中心に独創的な作行きのものが生みだされ、茶人たちに広まっていきました。江戸時代においても茶陶を作る際に信楽などを意識するなど着実にそのブランドは確立していったといえます。近現代には、素朴ながらも力強さを備え、豊かな質感や表情をもつ中世陶器は、実際に使用するうつわではなく、鑑賞陶器としても嗜好されるようになります。時代を超えて語り継がれる中世陶器の魅力をご紹介します。

特集展示①中世のひとびとの〈こころ〉

灰釉葦鷺文三耳壺 渥美窯灰釉葦鷺文三耳壺 渥美窯
日本 平安時代 重要文化財
愛知県陶磁美術館(財団法人 松永記念館寄贈)

平安時代後期には、仏教思想の一つである末法思想に基づき経典を埋めた経塚が各地で作られます。平安時代末期から鎌倉時代には、追善供養の目的でも多数造営されました。経塚からは経典・経筒をはじめ外容器としての国産陶器や鏡、中国陶磁器なども発見されます。また国産の陶器や鏡には、鳥、花、洲浜など当時の人々が実際に目にしていた風景や思い描いていた浄土のイメージが文様として表されています。ここでは〈日常〉と〈信仰〉をキーワードに、中世のやきものが作られた時代におけるひとびとの〈こころ〉や世界観を辿っていきます。

灰釉葦鷺文三耳壺 渥美窯灰釉葦鷺文三耳壺 渥美窯
日本 平安時代 重要文化財
愛知県陶磁美術館(財団法人 松永記念館寄贈)

特集展示②おおきいやきもの

中世のやきものには高さ40cm、中には80cmを超える大形の壺や甕が見られます。運搬用であったり、大形品は据え付けて水や食料品などの保存用、織物製品を作る際に染料を入れたりしていました。その様子は絵画作品の中にもさりげなく描かれており、それらは、人々の日常生活に根ざした、〈いのち〉をつなぐうつわといえます。またこれらの大壺・大甕のどっしりとした安定感、量感には圧倒されます。土肌や窯の中の灰が舞い落ちてきた「振り物」、自然釉が流れた表情はきわめて豊かです。窯の中で、土と炎のせめぎ合いにより生みだされた、力強さや幽玄さ、ときには枯淡といった宇宙観が備わっているといえます。

大壺 丹波窯大壺 丹波窯
日本 室町時代 出光美術館
大壺 常滑窯大壺 常滑窯
日本 平安時代後期 出光美術館
大壺 常滑窯大壺 常滑窯
日本 平安時代後期 出光美術館
大壺 丹波窯大壺 丹波窯
日本 室町時代 出光美術館

特集展示③茶入

唐物肩衝茶入 銘 道阿弥 福建系唐物肩衝茶入 銘 道阿弥 福建系
中国 南宋時代 龍泉窯 出光美術館

茶入とは茶の湯で濃茶用の抹茶を入れる陶器製の小壺のことです。中国から舶来したものは唐物、日本製のものは和物、東南アジア製のものは島物と称されます。鎌倉・室町時代には唐物茶入が珍重されましたが、瀬戸窯においても13世紀後半頃からは唐物茶入の写しが作られるようになりました。織田信長、豊臣秀吉の時代には、一国に匹敵するほどの価値をもち、名物茶入をもつことはステータス・シンボルの一つでもありました。瀬戸茶入は和物の中でも別格とされ、茶会記をみると江戸時代では唐物茶入よりも頻繁に使用される様子がうかがえます。和物茶入の存在は日本における唐物の受容と鑑賞のあり方を考えるヒントにもなっているといえます。

唐物肩衝茶入 銘 道阿弥 福建系唐物肩衝茶入 銘 道阿弥 福建系
中国 南宋時代 龍泉窯 出光美術館
pegetop
メニュー