堪忍柳画賛

堪忍柳画賛

堪忍柳画賛 (かんにんやなぎがさん)

仙厓
江戸時代
紙本墨画・墨書
47.0×59.7cm

しなやかに枝を風になびかせる柳の大木を描き、その横に「堪忍」の大きな文字を添えています。吹きつける風の中には耐え難い風もあるだろうが、柳はいずれの風をもさらりと受け流してやり過ごす――仙厓の感性は、柳の姿にも人生の手本としての教訓を読み取り、我慢できないこともじっと堪え忍ぶことの肝要を説く図としてまとめあげました。それは処世訓であるばかりでなく、禅の修行にも重要な忍辱の教えに通じる仏教の根本の教えでもあります。

pegetop
メニュー