• ホーム
  • 展覧会情報
  • 最新の展覧会

最新の展覧会

出光美術館の軌跡 ここから、さきへII
出光佐三、美の交感─波山・放菴・ルオー

開催期間 2024年6月1日(土)~7月7日(日)
休館日:毎週月曜日

展示概要

出光美術館は、令和6年(2024)12月をもって帝劇ビルでの活動をいったん終え、しばらくのあいだ休館します。皆様をこの展示室へお迎えする最後の一年は、4つの展覧会によって当館のコレクションの粋を紹介しています。第2弾となる本展では、当館の創設者・出光佐三(いでみつさぞう)(1885-1981)と同時代を生きた作家たちの活動に、スポット・ライトを当てます。
佐三は、日本・東洋の古美術を蒐集することに情熱を傾ける一方で、自分と同じ時代の作家たちと親しく交流し、彼らの制作活動に寄り添いました。その代表的な存在が、板谷波山(いたやはざん)(1872-1963)と小杉放菴(こすぎほうあん)(1881-1964)の2人です。彼らと佐三の関係は、一方が出資し、もう一方が作品でそれに報いる、というものとはいささか異なります。双方が深い信頼と敬意を寄せつつ、ときに芸術のあるべき姿を語り、互いの感性を深く響かせあった結果として、いくつかの珠玉の作品が生み出されました。
淡く清らな光のなかに優雅な文様を浮かび上がらせ、あるいは東洋の古陶磁に学びながら新しい表現を目指した波山のやきもの。そして、油彩画と膠彩画(日本画)の2つの方法で、東洋の理想像を追い求めた放菴の絵画。本展では、彼らの作品の数々を、生きた時代を佐三と共有し、やはり佐三がその作品の蒐集に意を注いだ2人の画家、ジョルジュ・ルオー(1871-1958)とサム・フランシス(1923-94)の絵画とともにご覧いただきます。

出光佐三、美の交感

本展のみどころ

01板谷波山・小杉放菴と出光佐三、信頼関係が生んだ美のかたち

当館の創設者・出光佐三(1885-1981)は、日本・東洋の古美術品の蒐集に情熱を傾ける一方で、みずからと同じ時代を生きる板谷波山(1872-1963)と小杉放菴(1881-1964)の作品を数多く求めました。ただ、その豊富なコレクションは、作品を買う側と売る側という無機質な関係だけで築かれたわけではありません。たとえば、作品にわずかな瑕疵さえ許さない波山に対し、佐三の“命乞い”によって破棄を免れたという天目茶碗のエピソードは、作り手と蒐集家の深い信頼関係を象徴しています。本展では、佐三と作家たちの交流に注目しながら、両者の美の交感が珠玉の作品を生み出す場の臨場感をお伝えします。

02近代美術史の重要作家、16年ぶりのそろい踏み!

板谷波山は陶芸で、小杉放菴は絵画の分野ですぐれた個性を光らせた作家です。当館では、波山と放菴の最初の回顧展をそれぞれ昭和43年(1968)、同46年(1971)に開催して以来、その魅力に満ちた作品の数々を紹介してきました。ただし、彼らの作品が同じ展覧会場にならぶ機会は、これまでに数えるほどしかありません。2人の作品がこれだけの規模で同じ展示室に会するのは、実に16年ぶりのこと。同じ時代の空気を吸いながら、近代美術史において重要な足跡を残した波山と放菴。2人の美の共演を、心ゆくまでお楽しみください。

03出光佐三が西洋の絵画にみた“日本・東洋的なもの”とは?

フランスの画家、ジョルジュ・ルオー(1871-1958)と、アメリカ抽象表現主義の画家、サム・フランシス(1923-94)は、日本・東洋の古美術作品を軸とする当館のコレクションのなかで異色の存在です。ただ、彼らの絵画の蒐集もまた、出光佐三と同時代の作家のあいだに生まれた、美の交感の所産といえます。佐三は、彼らの表現に日本や東洋の絵画と響きあう要素を感じ取り、みずからのコレクションに加えることを決めました。ルオーの作品が展示室4(いわゆるルオー室)以外の場所で当館にならぶのは9年ぶり、サム・フランシスにいたっては、実に20年ぶりの展示です。本展では、日本と東洋の絵画に通じるとして佐三が心惹かれた深い精神性を、彼らの表現のなかに探ります。

展覧会の構成

第1章
美の交感のはじまり —板谷波山・小杉放菴と出光佐三
第2章
新鮮な表現を求めて —西洋との出会い
特集
日本画のような表現 —ジョルジュ・ルオーとサム・フランシス
第3章
東洋への回帰と創造 —古くて新しい表現

各章の解説

第1章 美の交感のはじまり —板谷波山・小杉放菴と出光佐三

当館の創設者・出光佐三(1885-1981)は、日本・東洋の古美術を蒐集することに情熱を傾ける一方で、自分と同じ時代の作家と親しく交流し、制作活動に寄り添いました。その代表的な存在が、板谷波山(1872-1963)と小杉放菴(1881-1964)です。大正13年(1924)頃、波山の作品にはじめて接した佐三は、その精彩に魅せられ、波山と親交を結ぶようになります。また、昭和5、6年(1930、31)頃には、放菴の山水画に触れ、みずからが愛好する江戸時代の禅僧・仙厓(せんがい)(1750-1837)などの絵画に通じる趣を感じ取り、やがて放菴とも交友を持つようになりました。ここから、美の交感がはじまってゆきます。

葆光彩磁葡萄文香爐
板谷波山 日本 大正時代後期 出光美術館

第2章 新鮮な表現を求めて —西洋との出会い

近代日本美術の歩みは、西洋から押し寄せる新しい文化の波とどのように向きあうかという大きなテーマとともにありました。この章では、新鮮な芸術様式や表現技術に対する飽くなき探究と実践のさまを、板谷波山と小杉放菴それぞれの作歴に探ります。
板谷波山は、当時流行していたアール・ヌーヴォーやアール・デコなどの意匠を日本陶磁へ導入することを試み、モダンな造形感覚と卓抜した彫塑の感性は、やがて波山独自の「葆光彩磁(ほこうさいじ)」というマット調の新たな作風へと結実してゆきます。
小杉放菴は洋画家・五百城文哉(1863-1906)のもとで修練を積んだのちに32歳で渡欧し、フランスの壁画家、ピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ(1824-98)の夢幻的な絵画表現を色濃く受け継ぎながら、油彩画家としての実績を重ねてゆきました。

葆光彩磁草花文花瓶
板谷波山 日本 大正6年(1917) 出光美術館

特集 日本画のような表現 —ジョルジュ・ルオーとサム・フランシス

初期作では不条理な社会とそこに生きる人間の苦悩や悲哀を主題にし、晩年には慈愛に満ちた女性像やキリスト像などを描いたフランスの画家、ジョルジュ・ルオー(1871-1958)。そして、鮮明な色彩を画面に散りばめたアメリカ抽象表現主義の画家、サム・フランシス(1923-94)。出光コレクションで異彩を放つ2人の絵画ですが、これらの蒐集もまた、出光佐三による美の交感のたまものといえます。佐三は、ジョルジュ・ルオーの強い輪郭線に日本画との共通性を、また、サム・フランシスの象徴的な“余白”に仙厓の禅画のような深い精神性を感じ取ったことで、自分のコレクションに迎えることを決めたのです。

聖書の風景
ジョルジュ・ルオー 1953 - 56年 出光美術館

第3章 東洋への回帰と創造 —古くて新しい表現

板谷波山は、日本陶磁史に例を見ない意匠表現を生み出すとともに、中国陶磁を中心とする東洋陶磁や工芸品、茶道具などの研究を積み重ね、その学習成果を青磁や白磁などの制作に活かしました。それらは単なる古典の再現にとどまらず、豊かな創造性に満ちています。その作陶姿勢には、欧州の芸術様式を研究したからこそ、幼い頃より慣れ親しんだ東洋陶磁の美しさや茶道具への敬意があったものと思われます。
大正2年(1913)、青年油彩画家としてパリに留学していた小杉放菴は、文人画家・池大雅(1723-76)の傑作「十便図」の複製を目にしたことをきっかけに、日本・東洋の絵画の表現に傾倒することになります。これ以降、油彩画では主題と表現に東洋的な情緒を加味し、膠彩画(日本画)では麻の繊維で漉いた中国伝来の麻紙の上に清澄な彩色を施す手法によって、東洋の理想的な絵画世界を追求しました。

梅花小禽
小杉放菴 日本 昭和時代前期 出光美術館
pegetop
メニュー