ムンク作品展示終了のおしらせ

2015年8月27日

このたび出光美術館では、1995年から続けてきたムンク作品の展示を、きたる10月4日(日)をもって終了させていただくこととなりました。

この展示は、当館で1993年に開催した「ムンク展 ザ・フリーズ・オブ・ライフ――愛と死」を機に、知られざるムンク晩年の画業をご紹介する目的のもとスタートしました。 展覧会に際してご協力いただいたノルウェー・オスロ市立ムンク美術館のご厚意によって、それまで日本では目にすることの少なかった1900年代の作品を中心に、毎年3点、のべ60作品の展示が実現しました。日本にいながら「いつでもムンクに会える美術館」として、20年にわたりご覧いただいた貴重な作品の数々は、多くの皆さまにお楽しみいただけたことと思います。

開催中の「日本の美・発見Ⅹ 躍動と回帰――桃山の美術」展会期途中での終了となります。お見逃しのないよう、この機会にぜひご来館ください。

これまでの展示作品

2014-2015

クラーゲルーの庭
1909年
犬小屋にて
1913〜15年
子供たちとアヒル
1906年

2013-2014

カールヨハン通り
1889年
リヴィエラにて
1892年
夏の夕暮れの官能
1891年

2012-2013

白いブラウスを着たインゲル
1891年
ヴェランダにて
1892年
1897〜98年

2011-2012

殺人
1906年
オースゴールストランの赤い岩
1904年
葬儀
1904年

2010-2011

嫉妬
1933〜35年
海辺の二人
1933〜35年
浜辺の出会い
1933〜35年

2009-2010

頬杖をついた自画像
1911年
1916年
大きな犬と小さな犬
1913年

2008-2009

楡林の秋 II
1920年
庭のリンゴ樹
1932〜42年
ケシの花と女
1918〜19年

2007-2008

寄り添って
1905年
ポケットに手を入れた自画像
1923年
結婚式の席で II
1925年

2006-2007

肘掛けイスの側の裸婦 I
1919年
ソファーに寄りかかる裸婦
1924年
うずくまって横たわる裸婦
1917年

2005-2006

ロルフ・ステネルセンの肖像
1925年あるいは1926年
シャルロッテ・コルデーの肖像
1930年
栗の木の下で
1937年

2004-2005

屋外にて
1891年
ニースの海岸で
1892年
サン・クルーのセーヌ川のほとり
1890年

2003-2004

最初の一杯
1906〜07年
モデルのいる自画像-寄り添って
1905年
ドイツの風景-テューリンゲン地方のエルゲルスブルグ
1906年

2002-2003

精神病院にて
1897〜99年
遺伝 I
1897〜99年
ルーレット
1892年

2001-2002

病める子
1922年
1921年
争い、あるいはファウストの分離
1932〜33年

2000-2001

クラーゲルーの冬
1912年
クラーゲルーの春
1911〜19年
岩場の春支度
1910〜11年

1999-2000

汽車の煙
1900年
静けき雪
1900年
オースゴールストランの4人の少女達
1903年

1998-1999

夏の公園(リンデ・フリーズ)
1904年
庭の少女たち(リンデ・フリーズ)
1904年
果物をつむ少女たち(リンデ・フリーズ)
1904年

1997-1998

黄色い丸太
1911〜12年
1913年
船の解体
1912年頃

1996-1997

ヴァルネムンデの風景
1904年
チューリンゲルワルドから
1905年
雪解け、エルゲルスブルグ
1906年

1995-1996

ヴェランダにて I
1922〜24年
星月夜、エーケリー
1923〜24年
冬の夜、エーケリー
1924〜26年
メニュー