イベント

列品解説ギャラリートーク(事前の申し込みは不要・無料)

展覧会のみどころを当館学芸員がわかりやすく解説します。約45分のツアーガイドです。
※別途入館料が必要です(一般 1,000円 大学・高校生 700円)

人麿影供900年 歌仙と古筆」展

午前10時30分より 6月21日(木)、6月28日(木)、
7月5日(木)、7月12日(木)
午後6時より 6月22日(金)、6月29日(金)、
7月6日(金)、7月13日(金)

(事前の申し込みは不要・入館料のみ)

解説のポイント

和歌の名手である「歌仙」のなかでも筆頭にあたり、歌聖と称された柿本人麿。その像は歌会の守護神として祀られ、床に懸けられるようになりました。人麿像を描くための「お約束」とは? 多彩な人麿像をご覧いただきながら、鑑賞のポイントをわかりやすく解説します。

解説のポイント

人麿影供900年 歌仙と古筆

開催期間 2018年6月16日(土)~7月22日(日)
月曜休館(ただし、7月16日は開館)

展覧会の詳細はこちら

集合場所集合場所

特別講座
(事前の申し込みが必要/定員制・有料)

美術鑑賞をさらに深めていただくために、展覧会の内容に関わる興味深いテーマをとりあげ、休館日に少人数での講義を行います。 講義レベルは、大学での講義に準じます。展覧会を事前にご覧いただくことをお勧めしています。

特別講座の詳細はこちら

pegetop
メニュー