七佛通戒偈

七佛通戒偈

展示中

七佛通戒偈 (しちぶつつうかいげ)

一休宗純(1394 - 1481)
室町時代 15世紀
紙本墨書
141.6×26.2cm

一休宗純は、臨済宗・大徳寺派の高僧です。「諸悪莫作、衆善奉行」の語は、「七佛通戒偈」と呼ぶ四句の内の前半2句分にあたるもので、これを一気呵成に1行の条幅へと書き上げています。一休の墨跡中、最も知られる題材で、真珠庵蔵の対幅をはじめ数多くの類作が今日伝来しています。詩書画一致の文人的素養を大切にし、詩文ほか墨梅図など略筆の水墨画も手がけました。前田家伝来。

pegetop
メニュー